2017年度 ヴルカヌス・イン・ジャパン プログラム 日本語研修業務委託について

当センターでは、将来の日欧ビジネス関係を担う人材の育成を図るため、欧州の理工系大学生を対象とした4ヶ月間の日本語研修と8ヶ月間の企業実習を行うインターンシッププログラムを実施いたします。

現在、日本語研修の業務委託(2017年9月~12月までの4ヶ月間)に関し一般公募をしております。

この日本語研修の業務委託に関して、ご関心のある方は下記PDFファイルをダウンロードいただき、ご参照のうえ、プロポーザル(提案書)をご提出いただきたくご案内申し上げます。

日本語研修実施期間: 2017年9月から12月までの4ヶ月間

対象研修生: EU加盟国の理工系大学生および大学院生30名(暫定数)

日本語研修前提条件

・   対象研修生(EU加盟国の理工系大学生)が日本企業で受ける8ヵ月(1月から8月)の  実習を行う際、意思疎通を図れる日本語能力を達成する。 

(目安:JLPT日本語能力試験N4/旧3級合格レベル)

1) 日常会話の習得

2) 会社でのコミュニケーションを円滑にする表現の習得

3) 既習者に関しては、企業研修に使用する専門用語等の習得

・   言語の学習を通じて日本文化の理解・習得ができること

 

提案書提出締め切り: 2017年5月12日(金) 17:30(当日消印有効) 選考後、入札決定校にご案内を送付致します。

 VIJ2017_日本語研修業務委託

 

問合せ:
お問合せは、Vulcanus in Japan プログラム担当まで。
VinJ[@]eu-japan.gr.jp

ニュース

More
2017年3月31日、日欧産業協力センター(東京都港区)と一般財団法人宇宙システム開発利用推進機構は、欧州委員会から欧州地球観測プログラム 「コペルニクス」のアジア初の相談窓口・...
日本の理工系学生を対象とした、一年間の奨学金付き研修プログラム「ヴルカヌス・イン・ヨーロッパ」の2018年度生募集要項を掲載いたしました。詳しくは、ヴルカヌス研修のページをご覧ください。...

イベント

More
Japan
15/09/2017
製造業に携わる欧州企業の管理職を対象に、年2回(6月、9月)に、日本の製造現場の方法論への理解を深める短期(5日間)研修コースを行っています。 TQC(全社的品質管理)、TQM(総合的品質管理)、TPM(総合生産保全)、JIT(ジャストインタイム)、TIE(総合産業工学)、そして今日では 世界共通語となった「カイゼン」実践に対する深い理解と習熟を目指します。
21/09/2017
日欧産業協力センターの欧州製造業向け研修事業の経験をもとに、「日EUリーン・サミット:デジタル時代におけるカイゼンと競争力向上」と題する会合を開催します。

出版物・レポート

More
Brief Japan Industrial Reports ADDITIONAL REPORTS AVAILABLE on www....
Report: Biotechnology Market in Japan To get the access to this report, please click ...
Report: Japanese acquisitions of European companies To get the access to this report, please click ...