March 24

2017

EU環境関連政策セミナー

2017年3月24日(金)10:00~13:00 
:ブリュッセル

本セミナーでは、EUの環境政策を巡る最近の動きの中から、昨年11月末に欧州委員会が発表したクリーンエネルギーへの移行を通じた成長のための包括的政策パッケージ「Clean Energy For All」について、欧州委員会エネルギー総局より講師をお招きしお話を伺います。同政策パッケージは、電力市場改革、省エネ指令改正、建物の省エネ化改革、エコデザイン、再生可能エネルギー・バイオエネルギー改革、ガバナンス改革、エネルギー価格・コスト改革、エネルギー基金改革、イノベーション改革、交通・輸送改革の10分野で構成され、欧州委員会は今後各分野でEU規則や指令の制定を目指しています。

また、後半では、在欧日系ビジネス協議会(JBCE)より、EUの環境政策全体およびEUの政策決定のプロセスを理解するためのポイントを解説して頂きます。さらに、具体的な環境規制として、電気・電子機器における特定有害物質の使用制限(RoHS)指令、化学物質管理規制(REACH)、殺生物性製品規則(BPR)、ナノ物質関連規則といった化学物質管理規制について、最新の情報もご紹介いただきます。

プログラム

10:00  セミナー開催挨拶 日欧産業協力センター

10:05  講演① 「クリーンエネルギーへの移行を目指したEU政策の最新動向」
                  欧州委員会 エネルギー総局 A1(エネルギー政策)ユニット
                リーガル・オフィサー Frank Heseler 氏

10:45 質疑応答

11:00 コーヒー休憩

11:20 講演② 「欧州の環境政策と日本企業に望まれる対応」
                  在欧日系ビジネス協議会(JBCE) 事務局長
                  積田 北辰 氏

11:40  講演③ 「RoHS指令の動向と企業の取り組み」
                  在欧日系ビジネス協議会(JBCE) 環境委員会担当
                  株式会社堀場製作所 ブラッセル駐在 佐々木 晋哉 氏

12:10  講演④ 「欧州の化学物質規制の動向と企業の取り組み」
                      在欧日系ビジネス協議会(JBCE) 環境委員会担当
                      株式会社ADEKA 欧州駐在員事務所・所長 川崎 秀夫 氏

12:40 質疑応答
13:00 昼食レセプション

ブリュッセル

イベント

More
Japan
01/04/2016
日欧産業協力センターにおける政策分析を担う特別研究員(ミネルヴァ・フェロー)を募集しています。研究員は日欧産業協力センターが指定する優先課題(主に経済・産業関係のテーマ)について調査・分析等を行い政策レポートを作成します。そのほかにも、メディアのモニタリング、政策ブリーフィング、セミナーレポートなどセンターの政策分析活動の補佐をします。
Japan
01/09/2016
ヴルカヌス・イン・ジャパンは、日欧産業関係の架け橋となる若手人材の育成を目的とした企業インターンシップ事業です。毎年20~40名の欧州の理工系大学生が参加します。これらの欧州大学生の受入れに関心のある日本企業を毎年募集しています。募集要項はこのホームページで随時お知らせします。

出版物・レポート

More
Brief Japan Industrial Reports ADDITIONAL REPORTS AVAILABLE on www....
WCM video This video displays the WCM mission.
February 2017 Japanese Industry and Policy News Topics covered in the February issue: LEGISLATION...
ICT cluster SME mission video This video displays the ICT cluster SME mission...