Japanese Industry and Policy News February 2022

Topics covered on the February issue: 

JAPANESE INDUSTRY AND POLICY NEWS
February, 2022

Legislation and Policy News
- Trade insurance covers losses due to COVID-19

Survey and Business Data
- The death toll in 2021 was 1.45 million, the highest number since World War II, and the lowest number of births
- October-December GDP, real annual increase of 5.4%, positive growth for the first time in 2 quarters
- Analysis by a British think tank "Ammonia co-firing and CCS are not solutions to decarbonization" for Japan

Company & Organization News
- Developed the world's first solid-state LiDAR for autonomous driving without any moving parts
- JERA, procure fuel ammonia through international competitive bidding, 500,000 tons per year
- Itochu supplies NESTE's alternative aviation fuel exclusively in Japan at Haneda and Narita
- Sumitomo Forestry develops wooden environment-friendly office in the UK, "Net Zero" for 60 years
- The world's first chemical tanker to transport and deliver the hydrogen carrier "MCH" 
- Succeeded in the world's longest unmanned operation demonstration experiment using a large car ferry
- MOL, Mitsubishi Shipbuilding and Kansai Electric Power decarbonize ships with ammonia

Other topics
- China revised the list of the cross-border EC import product, added 29 customs items 
- JOGMEC participates in Australian CCS business to build an international lignite hydrogen value chain
- Full-scale start of effective use of drifting plastic in Tsushima City
- Hyundai Motor re-enters Japan for the first time in 12 years, EV sales expansion with car share

Read more about this issue

EU-Japan Centre's News

More
日・EUビジネス・ラウンドテーブル(BRT)の共同議長である柵山 正樹氏(三菱電機株式会社シニアアドバイザー)とフィリップ・ヴァール氏(ラポストグループ会長兼CEO)は、…
5月12日に開催された第28回 日EU定期首脳協議で発出された声明で、弊センターが言及されています。 当センターはこの期待に応えられるよう、一層尽力してまいります。   ■共同声明(英語): …
弊センター専務理事・田辺靖雄が、GLOBE Japan 地球環境国際議員連盟会合にて講演いたしました。 4月19日、GLOBE Japan(地球環境国際議員連盟)会合で、…

Events

More
13/07/2022
  EUにおいては、2050年のカーボンニュートラル、2030年の(1990年比)温室効果ガス排出量55%削減という野心的目標のために今後10年で少なくとも1兆ユーロの資金が必要と言われています。このために公的金融だけでなく、何が真にサステナブルな産業かを示して民間資金を誘導するためにEUタクソノミー(分類学や分類体系を意味する英単語)規則が2020年7月に施行されています。…

Library

More
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.14   欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
バルト三国における ドイツ・中国・韓国企業の投資動向 Report on investment activities in the Baltic…
欧州デジタル政策 EU Policy Insights Vol.1   欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.13   欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…