May 25

2022

水素活用の現状と課題 ~日EU間の産官学協力に向けて~

""""

 

 駐日EU代表部・一財)日欧産業協力センター ジョイントウエビナー

グリーンディールにおいて、水素の確保が重要な要素であることは言うまでもありません。水素はあらゆる産業分野での活用が考えられますが、現時点では、水素は主に化石燃料から生成されておりCO2が排出されています。グリーン水素の生成は、化石ベースの水素と比較すると未だコスト面で競争力がないのが実情です。

一方で、ほぼすべてのEU加盟国は、国内のエネルギー計画にクリーンな水素の生成、活用を含めています。既に部分的にグリーンもしくは低炭素の水素生成に取り組んでいる国もありますが、EUのみならず世界でこれを生成、活用するにはコスト以外にも数多くの課題をクリアーする必要があり、単独の国では到底取り組むことはできません。多額の投資に加え、活用のための制度整備、技術革新、国際連携などが不可欠です。

本ウエビナーでは、水素の生成、活用のための政策、研究開発、活用実践例などについて、日EUの政策当局、研究者に加え、フランス、オランダ、オーストリア、ドイツ、チェコ、ポーランドの専門家からも各国の状況をお話しいただくと同時に、日EU間の産官学協力の可能性について示唆をいただきます。お申し込みは画面左側のAPPLYからもしくは同右側のZOOM参加登録リンクからお願いします。

1.    日時:2022年5月25日(水) 16:00~18:15(JST) 9:00~11:15(CET)
2.    使用言語:英語および日本語(同時通訳付)
3.    プログラム:ここをクリック

""""

 

Policy seminars
In Japan

EU-Japan Centre's News

More
日・EUビジネス・ラウンドテーブル(BRT)の共同議長である柵山 正樹氏(三菱電機株式会社シニアアドバイザー)とフィリップ・ヴァール氏(ラポストグループ会長兼CEO)は、…
5月12日に開催された第28回 日EU定期首脳協議で発出された声明で、弊センターが言及されています。 当センターはこの期待に応えられるよう、一層尽力してまいります。   ■共同声明(英語): …
弊センター専務理事・田辺靖雄が、GLOBE Japan 地球環境国際議員連盟会合にて講演いたしました。 4月19日、GLOBE Japan(地球環境国際議員連盟)会合で、…

Events

More
13/07/2022
  EUにおいては、2050年のカーボンニュートラル、2030年の(1990年比)温室効果ガス排出量55%削減という野心的目標のために今後10年で少なくとも1兆ユーロの資金が必要と言われています。このために公的金融だけでなく、何が真にサステナブルな産業かを示して民間資金を誘導するためにEUタクソノミー(分類学や分類体系を意味する英単語)規則が2020年7月に施行されています。…

Library

More
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.14   欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
バルト三国における ドイツ・中国・韓国企業の投資動向 Report on investment activities in the Baltic…
欧州デジタル政策 EU Policy Insights Vol.1   欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.13   欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…