July 13

2022

ウエビナー:EUタクソノミーの現状 ~その適用と日本のグリーン戦略~

 

EUにおいては、2050年のカーボンニュートラル、2030年の(1990年比)温室効果ガス排出量55%削減という野心的目標のために今後10年で少なくとも1兆ユーロの資金が必要と言われています。このために公的金融だけでなく、何が真にサステナブルな産業かを示して民間資金を誘導するためにEUタクソノミー(分類学や分類体系を意味する英単語)規則が2020年7月に施行されています。

この第一弾で判断が先送りされていた天然ガスと原子力について、欧州委員会は2022年2月、原子力および天然ガスによる発電等の経済活動をEU タクソノミーに含める内容の補完的委任法令(CDA: Complementary Delegated Act)を採択し、現在欧州議会と理事会において審議されています。

日本においても、2050年カーボンニュートラル、2030年(対2013年比)46%削減をめざし、グリーン成長戦略が政府によって主導され、サステナブル・ファイナンス、トランジション・ファイナンスの動きが強まっています。今回のウェビナーでは、EUのタクソノミー規則の最新状況、日本の取組との対比も含めて、日EU双方の当局者から話を伺い、いかにしてカーボンニュートラルの目標のための投資を世界的に実現するかを議論していただきます。

お申し込みは画面左側のAPPLYからもしくは同右側のZOOM参加登録リンクからお願いします。

*なお、今回のタクソノミーをはじめ、EUのグリーンディール×デジタルの基礎知識を以下のウエブページで紹介していますのでご参照ください(日本語のみ)。EUポリシーインサイト

1.日時:2022年7月13日(水)16:00~17:30東京(9:00~10:30ブラッセル)
2.使用言語:英語および日本語(同時通訳付)
3.参加料:無料
4.プログラム:ここをクリック

Policy seminars
In Japan

EU-Japan Centre's News

More
  ヴルカヌス・イン・ヨーロッパプログラム 日本人理工系学生対象     2023年度派遣募集にあたり、…
  安倍晋三元総理大臣が銃撃され、逝去されたことを深い衝撃と悲しみとともに受け止めました。安倍元総理は日EU関係の前進及び経済・ビジネス協力に強くコミットされていました。…
日・EUビジネス・ラウンドテーブル(BRT)の共同議長である柵山 正樹氏(三菱電機株式会社シニアアドバイザー)とフィリップ・ヴァール氏(ラポストグループ会長兼CEO)は、…

Events

More
31/08/2022
日欧産業協力センターは、アフリカ・日本・EUの三国間ビジネス連携を通じて、アフリカの経済・社会発展の促進を目的とするTICAD8公式サイドイベントを開催します。 登録はこちら 締切: 2022年8月30日(火) 日本時間23:59 日欧産業協力センターは、1993年から日本政府が主導しているアフリカ開発に関する国際会議である第8回アフリカ開発会議(TICAD8)の開催に際し、…

Library

More
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.16  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
欧州デジタル政策 EU Policy Insights Vol.2  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.15  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.14  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…