Dentsu sweep continues in Tokyo 2020 tenders: PR giant again lands three Olympics contracts

The Tokyo Organising Committee of the Olympic and Paralympic Games (TOCOG) announced the results of a number of tenders on September 10st. Most of them concerned planning and support services for Tokyo 2020 Organising Committee Test events. Japanese PR giant Dentsu Inc. came out as a winner, with winning 3 of the 6 tenders. 

Contract
Winning bidder
Winning bid
1st Planning and support Services for the Tokyo 2020 Organising Committee Test Event (1) Tokyo International Forum
Tokyu Agency Inc.
JPY 19.3 million
1st Planning and support Services for the Tokyo 2020 Organising Committee Test Event (2) Makuhari Messe
ASATSU-DK INC.
JPY 28.9 million
1st Planning and support Services for the Tokyo 2020 Organising Committee Test Event (3) Olympic Aquatics Centre, Tatsumi International Swimming Centre
Same Two Inc.
JPY 58.5 million
1st Planning and support Services for the Tokyo 2020 Organising Committee Test Event (4) Aomi Urban Sports Venue , Olympic BMX Course
DENTSU INC.
JPY 59,7 million
2nd Planning and Support Services for the Tokyo 2020 Organising Committee Test Events (5) Saitama Super Arena
DENTSU INC.
JPY 5 million
2nd Planning and Support Services for the Tokyo 2020 Organising Committee Test Events (6) Football Arena
DENTSU INC.
JPY 5 million
Basic Design for Transportation Depots and Transit Malls
Ueno Keikaku Co.,Ltd.
JPY 24.8 million
Preliminary Design for Wakasu Transportation Depot
SHO-SEKKEI CORP.
JPY 10.5 million

As usual, the organising committee did not make public how many other companies took part in the competitions. 

Source:TOCOG

EU-Japan Centre's News

More
弊センター専務理事・田辺靖雄による寄稿文が、U.S.-Japan Counsilのニュースレターに掲載されました U.S.-Japan Counsilは8月31日および9月1日、「…
  去る6月24日、当センターは独立行政法人 経済産業研究所(RIETI)と共催で、ウェビナー「カーボンニュートラルに向けて:日・EU産業界・制度の挑戦」を開催しました。…
日欧産業協力センターでは、欧州製造業における管理職を対象とした研修プログラムWCM (World Class Manufacturing)の2021年11月コース及び2022年3月コースにおける、…

Events

More
06/10/2021
EUが目指す炭素国境調整措置(CBAM)とは ~7月14日の法案発表を受けて~ 欧州委員会は 7 月 14 日 、気候変動対策の法案パッケージ「 Fit for 55 」(FF55 )を発表しました。その包括案の中でも中核的な役割を果たすことが期待されているのが「 CBAM 」(国境炭素調整措置)です。 同措置は、カーボン・リーケージ対策として、…
26/10/2021 - 27/10/2021
プログラム最新版はこちら(CLICK)  ”Think global, act local”。日本やヨーロッパでは、地域のステークホルダー(産業クラスター、自治体、地域、都道府県)が脱炭素化の最前線にいます。そして地域経済エコシステム(※)は、グリーン経済への移行を積極的に推進していくのに適した立場にあり、国内外の他の地域経済エコシステムと連携・協働し、取組み範囲を拡大しています。  …

Library

More
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.5  欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
水素ボート船舶|CMB×常石グループ   ベルギーの大手総合海運会社CMB(Compagnie Maritime Belge)は、…
欧州グリーンディール EU Policy Insights Vol.4 欧州で行われている様々な政策について、EUサイドからの公式発表や、…
再生可能エネルギー促進機関 | 福島県 X ノルトライン=ヴェストファーレン州(ドイツ)福島県とドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州(NRW州)は、2013年以来、…